諏訪野 伊達町概要▲タイトル伊達町へ伊達町ホームページへ 諏訪野と伊達町

諏訪野が生まれた伊達町



歴史 奥州合戦によって勝利を収めた源頼朝は、活躍した武将中村常陸介入道念西に伊達郡の領地を与えました。中村念西は移住とともに姓を中村から伊達に改めたと言われています。




まつり 近くに八雲・熱田の二つの神社があり、合わせて「天王さま」といいます。祭りに売られる樽(たる)は、むかし親孝行の子供が泉から樽に水を汲み看病したと伝えられています。



くだもの この地は、気候風土ともにくだものに最も適していて、桃やリンゴは古くから栽培され全国でも有数の果樹地帯です。今では、サクランボやラフランス(洋ナシ)も人気です。



交流 伊達町では、フルーツバスケット事業として、保険センター、ディサービスセンター、在宅介護支援センター、図書館、ケーブルテレビなど、生涯学習と長寿社会の施設が完備しています。

諏訪野 伊達町概要▲タイトル伊達町へ伊達町ホームページへ 諏訪野と伊達町